会社概要

工場写真
商号
銀河フーズ株式会社
Ginga Foods Corporation
設立年月日
2002年5月9日
代表者
代表取締役社長 金澤俊司
資本金
9,700万円
本社
〒025-0093 岩手県花巻市南川原町191番地
従業員数
192名(2021年3月1日現在)
事業内容
食肉加工品(ハム・ソーセージ等)の製造・販売

企業理念

銀河フーズ株式会社は、何よりも安全で安心な食品づくりに取り組み、品質管理や衛生管理を徹底した髙品質な食品を提供いたします。
厳選した原料素材を活かし、安全性を優先しさらに、栄養価と味わいを吟味した商品を製造しております。
商品をとおしてお客様・お取引先様・関係会社・地域など全ての皆様と結びつき、社会に貢献する会社でありたいと考えています。

企業理念

一、「お客様に感謝の心を持ちます」

一、「お客様に安全・安心をおいしさに込めて食卓へお届けいたします」

行動憲章

私たちが、会社で日常活動を行っていく上で、守っていかなければならない規範をここに定め、当社のサプライヤーにもこれらの内容を伝え、共に課題解決に努めます。

お客様第一主義

  • 私たちは「お客様第一主義」の立場に立って考え、お客様のために誠意を持って行動します。
  • 私たちは、お客様に満足していただける高品質な商品とサービスを提供し続けます。

社会貢献と環境への配慮

  • 私たちは、「良き社会人」としての責任を自覚し、日常の企業活動を通じて社会に貢献します。
  • 私たちは、一人ひとりがそれぞれの仕事を通して、環境との共生を常に大切に行動します。

法令・規程の遵守

  • 私たちは、全ての法令を守り、倫理観を持って誠実に行動します。
  • 私たちは、企業の一員として自分の職務を責任を持って果たすと共に、業務を遂行する上で、守るべき規程ルールやマナーはしっかりと守ります。

働きがいのある職場づくり

  • 私たちは、創造性・主体性をお互いに尊重し合い、風通しの良い職場をつくります。
  • 私たちは、安全で働きやすい職場環境を確保するために相互の協調とお互いを理解し合い、楽しく働ける職場作りに努めます。

私たちは、本憲章の遵守状況及び目的の達成度合いについて客観的かつ定期的に評価し、改善につなげます。

2007年9月1日 制定
2020年4月1日 改訂

銀河フーズ株式会社

沿革

2003年3月
安全・安心の証、厚生労働大臣承認HACCP(総合衛生管理製造過程)取得
2014年7月
食品安全国際規格トップレベルのマネジメントシステムFSSC22000を認証取得
2015年9月
「30%減塩&糖質ゼロ」シリーズ品が国立循環器病研究センターより、ハム・ソーセージ業界初の「かるしお認定」を取得
2018年
食品産業新聞社主催「第48回食品産業技術功労賞」受賞
2018年
日本食糧新聞社主催「第6回地域食品産業貢献賞」受賞
2018年
岩手県知事表彰「食品衛生優良施設賞」受賞
2019年
弊社では2011年度よりドイツ農業協会(DLG)が主催する国際品質協議会へ出品しており、数多くの賞を受賞。2019年開催のコンテストにおいては出品した7品全てが最高評価の金賞を受賞。

DLGコンテストについて

  • DLC金賞
  • DLC銀賞
  • DLC銅賞

DLG(Deutsche Landwirtschafts-Gesellschaft)ドイツ農業振興協会は、1885年に設立されたドイツのフランクフルトに本部を置く農業協会です。1887年よりドイツ国内で加工食品の品質競技会を開催し、1993年からは出品国を世界に開放している“世界最大規模の食品品質競技会”です。

審査方法(DLG5点方式)

「DLG5点方式」は、ドイツ標準化庁によって認定された官能分析方法です。評価を行う審査官は、①試験を受け、審査官としての資格を有すること、②定期的な官能トレーニングに参加していること、③対象分野(ハム・ソーセージ・パン業界など)の業界で働いていることが必須条件となります。審査官は、匿名化された製品を「外観」「内観」「食感」「風味」「味」の各項目について5点~0点で評価し、すべての項目で5点を獲得した製品のみが金メダルを授与されます。